読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stap事件 ― 破綻した小保方氏の捏造論! 若山氏も“告白の書"を書けるか?

社会問題

和モガ氏のブログ

「STAP細胞事件」ES細胞の混入事件ではなく、ES細胞の混入があったように偽装した事件です。STAP細胞はちゃんとあります。   

は既に掲載したが、桂調査委員会の結論は破綻していることは明明白白で隠しようのない事実となって来た。

佐藤貴彦著「STAP細胞 残された謎」発行:パレード 発売:星雲社

あるいは、

渋谷一郎著「STAP細胞は何故潰されたのか 小保方晴子「あの日の真実」」ビジネス社

に、STAP事件の具体的な事実関係をもとに、理研が桂調査委員会の結論が検証されていて、客観的に見て、ES細胞混入との結論は成立しないことが書かれている。

以上の情報を念頭において、小保方氏の「あの日」で証言していることは誠に正直なことがキッチリ書かれていることが判る。

小保方氏は稀に見る逸材だと益々多くの人達が認識するに違いない。

今や理研が画策してSTAP細胞研究を消滅させたことは明らかなことだ。そして、片棒を担いだメディア、科学ライター、学者達が多数いて、一般人を洗脳し続けてきたことも明らかである。

特に、若山氏の独善的な記者会見における発言内容のいい加減さやマウス管理の杜撰さが明らかになっているにもかかわらず、説明責任を果たすことなく沈黙をし続けていることは最早許されない事だろう。小保方氏に責任を負わせたまま逃げ切ろうとしたことは明白だからである。

小保方氏と同じように若山氏も“ 告白の書"を書いたらいかがかと思う。